豊見城市 Sさん宅

ホーム > 導入事例一覧 > 戸建住宅編 > 豊見城市 Sさん宅

オール電化で暮らす新しいセイカツのご提案 オール電化で「快適ライフ!」

豊見城市Sさん宅/家族構成3人 2017年9月更新

オール電化を上手に使いながら日々の暮らしや子育てを楽しむ家

IHクッキングヒーターをフル活用!お料理がより楽しく

 豊見城市に新居を構えたSさんご一家は、ご実家がオール電化にしているそうで、実家を訪れるたびに使い勝手の良さや光熱費の安さを実感し、家を持つなら絶対にオール電化を取り入れようと決意していたといいます。
 「主婦にとってキッチンは毎日お料理する特別な場所。フラットなトッププレートならさっとひと拭きでキレイになるのでうれしいですね。」と嬉しそうに語る奥さま。
 「私が使っているIHは機能が充実していて例えば煮込み料理だと鍋の中で対流がおこるので、必要以上にかき混ぜなくてもいいから野菜が煮崩れせず、味がしっかりしみ込むんですよ。それからグリルの使い勝手が良いのも魅力。魚を焼くだけでなく、パンや焼き菓子が簡単に作れるんです。」
 充実したIHの機能を使ってお子さまと一緒にお料理を楽しむこともあるのだとか。「今年の夏はお菓子作りに挑戦しました。IHは火を使わないので安心して子どもと一緒にお料理することできます。」ととても嬉しそうです。
 奥さまはカエルぴあで開催されているIH料理教室に参加して便利な機能についてもっと知りたいと意欲的。ますますお料理の腕前もアップしそうです。

 

オール電化で節約意識もアップ!

当初はオール電化に興味がなかったご主人もすぐに温かいお湯が使え、いつでもお風呂に入れるオール電化を使い心地が良いと感じているそう。
 家計のやりくりを任されている奥さまは日頃から電気の使い方を上手に工夫していると言います。「私は専業主婦なので昼間も家にいます。電気をこまめに消したり、クーラーを使う部屋を限定するなど、小さなことではありますが、楽しくコツコツと取り組んでいます。今は明細で見える“見える化”していますから、頑張った分だけ安くなっているのが分かります。節約意識が高まったことに加え、わが家では金額以上の効果が出ているのではないでしょうか。」
 オール電化は家計を預かる主婦の強い味方です。
 また、奥さまは、導入を検討している妹さんへも日々の暮らしや子育てを楽しめるオール電化を勧めているそうです。

導入事例紹介

  • プロの目から見ても魅力的な「オール電化住宅」プロの目から見ても魅力的な「オール電化住宅」
  • オール電化+電気自動車の充電もできるハイブリッドな住まい。オール電化+電気自動車の充電もできるハイブリッドな住まい。
  • オール電化+省エネの工夫が生きる「パティオのある家」オール電化+省エネの工夫が生きる「パティオのある家」
沖縄電力のホームページ

ページのトップにカエル