うるま市 Sさん宅

ホーム > 導入事例一覧 > 戸建住宅編 > うるま市 Sさん宅

オール電化で暮らす新しいセイカツのご提案 オール電化で「快適ライフ!」

うるま市 Sさん宅/家族構成:5人 2010年2月5日更新

広いリビングと土間のある家で「のびのび子育て」
共働きの忙しい毎日を力強く支えるオール電化

オール電化住宅は快適な暮らしの味方。

沖縄県中部、うるま市の静かな住宅地。

幹線道路へのアクセスも良く、沖縄自動車道のインターチェンジまで車で約5分という好立地のS邸は、3人目のお子さまの誕生をきっかけに建てられました。「家族が安心して過ごせる環境を考えました」とSさん。ハワイのヴィラをイメージした家はリビングと庭をつなぐ広い土間、個性的な花ブロックが特徴です。

オール電化住宅にすることはご夫婦で最初から決めており、特に奥さまはIHクッキングヒーター完備の念願のシステムキッチンに、「熱効率が良く調理時間もスピーディーで熱がこもりません。グリルの焼きムラも解消」と大満足。

共働きの朝は身支度を整えてからの朝食作りで、以前はキッチンの暑さに汗でメイクがくずれて大変でしたが、今は快適そのもの。6歳のお姉ちゃんも「ママとおりょうりしたり、バナナケーキをやくの」とうれしそう。火を使わず安全だから親子でキッチンに立つ機会が増えました。

将来を見据えたうれしい光熱費ダウン。

明るく風通しの良い住まいは真夏でもクーラーがほとんど必要なく、「オール電化割引でお得な上に、夏の電気代は以前の約半分でした」と光熱費ダウンにご満悦のSさん。

また、「経済的なエコキュートなら毎日お湯をたっぷり使っても安心」とお風呂で親子のスキンシップを楽しみます。

これから3人のお子さまが成長するにつれて教育にかかる出費も増えることが予測されますが、Sさんのお宅では洗濯や食洗機の利用にも割安な夜間の電力を使い、賢く光熱費をカット。家族に優しいオール電化住宅は、将来をしっかり見据えたコストダウンのパートナーとしても力を発揮してくれているようです。

導入事例紹介

  • プロの目から見ても魅力的な「オール電化住宅」プロの目から見ても魅力的な「オール電化住宅」
  • オール電化+電気自動車の充電もできるハイブリッドな住まい。オール電化+電気自動車の充電もできるハイブリッドな住まい。
  • オール電化+省エネの工夫が生きる「パティオのある家」オール電化+省エネの工夫が生きる「パティオのある家」
沖縄電力のホームページ

ページのトップにカエル