ホーム > オール電化を知りたい > エコキュート・電気温水器の魅力

エコキュート・電気温水器の魅力

エコキュート電気温水器の魅力をご紹介。家族が安心・快適バスタイム

エコキュート・電気温水器とは

エコキュート・電気温水器とは、電気を使ってお湯を作る給湯機のことをいいます。エコキュート・電気温水器は、毎日、電気料金単価の安い時間帯に自動運転でお湯を沸かすので経済的。沸かしたお湯は保温性の高いタンクに貯めておくので、使いたいときにすぐお湯が使えます。

エコキュート

エコキュートの設置イメージ

電気温水器

電気温水器の設置イメージ
  • 魅力1 安心
  • 魅力2 快適
  • 魅力3 キレイ
  • 魅力4 経済的

魅力1火を使わないから安心

火を使わないので、不完全燃焼の心配がなく安心

お風呂が快適!

魅力2蛇口をひねるだけでお湯が使えて快適

燃料補給やスイッチの入切等の手間が省け、蛇口をひねるだけでお湯が使えます。

お湯を出すのが簡単

魅力3静かでクリーン

燃焼がないので、燃焼音や気になるニオイもありません。
燃焼がないので、排気による煙・スス等で壁や空気が汚れません。

静かで安心して使用出来ます。

魅力4とっても経済的

電気料金単価の安い時間帯(23時~翌日7時)にお湯を沸かすのでお得。
エコキュートは少ない電気エネルギーでお湯を沸かすので驚くほどお得。

都市ガス、灯油、電気温水器、エコキュートの月額比較表
エコキュートはこんなにお得なんだ!

※4人家族が一ヶ月お湯を使用した場合のおおよその料金で試算した金額です。
※ 「燃料費調整額」「再生エネ賦課金」の影響や「各ご家庭の使用状況」によりメリット額が変動する場合があります。
※パーセンテージ・メリット額は都市ガスと比較した値です。

エコキュートのしくみと省エネ効果

お湯の作り方(エコキュートの場合)

エコキュートは空気中の熱を熱交換器で自然冷媒(CO2)に集め、「ヒートポンプユニット」内の圧縮機で高温にし、その熱を水に伝えて、お湯を作ります。作られたお湯は「貯湯タンクユニット」で保温され、冷めにくい構造になっています。

エコキュートの省エネ術!

エネルギーを3倍にできるマジック。空気の熱を効率よく利用する、エコキュートの省エネ術。
電気エネルギー「1」に対して、「2」以上の大気からの熱エネルギーを使用するので、3倍以上の給湯能力でお湯を沸かします。 だから、給湯に必要な電気エネルギーは3分の1以下なのです。

> 詳細はこちら(ダイキン工業のホームページへ)

電気温水器のしくみ

タンク内にあるヒーターに通電し、タンクの中の水を温めてお湯を作る。いわば大きな電気ポット。お湯を使った分だけタンクに水が給水され、お湯と給水された水は温度差による境界に混合層ができ、混ざりにくい状態になっています。

電気温水器のしくみ

もしもの時も安心

災害などで万が一断水しても、タンク内のお湯(水)を生活用水としてご利用できます。

370リットルのタンクなら、家族4人分の約3日分の生活用水の備えになります。
1人あたり30リットル×4人×3日=360リットル < 370リットル

注意

  • 湯温を確認してからお使い下さい。
  • 停電時には沸き上げ、沸き増しはできません。
  • 非常用取水栓からお使いになる場合は、取扱説明書をご確認いただくか、各メーカーへお問い合わせください。

ワンポイントアドバイス

一度にオール電化にすることが難しい方は、まず、お風呂を電気「エコキュートまたは電気温水器」にカエルと、お得な時間帯の多い「Eeらいふ契約」が選択できます。

導入事例紹介

  • プロの目から見ても魅力的な「オール電化住宅」プロの目から見ても魅力的な「オール電化住宅」
  • オール電化+電気自動車の充電もできるハイブリッドな住まい。オール電化+電気自動車の充電もできるハイブリッドな住まい。
  • オール電化+省エネの工夫が生きる「パティオのある家」オール電化+省エネの工夫が生きる「パティオのある家」
沖縄電力のホームページ

ページのトップにカエル