戸建(新築・リフォーム)

ホーム > オール電化にしたい > 戸建(新築・リフォーム)

新築でオール電化

事前に、家を建てるまたはリフォームする際の、設計士やハウスメーカーに「オール電化の住宅を希望する」ということを伝えましょう

設計士が設備等の設計に入る前に、オール電化を希望する意思を伝えておいたほうがいいでしょう。
連絡が遅れると、設計や工事が始まってからオール電化に変更となり、配線などで手間が出てくる可能性があります。まずは、早めに伝えておくと安心です。

IHクッキングヒーターと、エコキュート又は電気温水器。
それぞれの導入するメーカー、機器を決めましょう

オール電化にすることで設計を進めることが決まったら、導入するそれぞれの機器を決めます。これは、オール電化機器以外の住宅設備も同じことが言えますが、設計の上で必要になる期日までには、どの機器を購入するか決めておきましょう。

オール電化機器の検討については、オール電化体験施設「カエルぴあ」をお役立てください。
IHクッキングヒーターについては国内主要メーカーの展示のみならず、実際に使用してみて比較していただくことができます。エコキュートや電気温水器については、実機の展示を行っております。電気料金のご説明なども行っておりますので、是非ご活用ください。

機器が決まったら、設計士、ハウスメーカーに早めに伝えましょう

機器を設置するスペースや、電気設備の容量など、設計に必要な情報があります。
システムキッチンを採用される際などは、キッチンと合わせて機器を決めるようにすればより安心です。

※オール電化はガス配管工事がいらず、電気配線工事のみです。一般的に、新築時にオール電化にした方が後でリフォームするよりも手間もかからず、スムーズといわれています。

導入事例紹介

  • プロの目から見ても魅力的な「オール電化住宅」プロの目から見ても魅力的な「オール電化住宅」
  • オール電化+電気自動車の充電もできるハイブリッドな住まい。オール電化+電気自動車の充電もできるハイブリッドな住まい。
  • オール電化+省エネの工夫が生きる「パティオのある家」オール電化+省エネの工夫が生きる「パティオのある家」
沖縄電力のホームページ

ページのトップにカエル